特定調停による処理も任意整理による処理と似ていて、お金の貸し手に対し債務の返済を行うことを選択した借金を整理する手順なのです。過払金を計算してみよう

言い換えるなら裁判所が行う負債の整理となります。

特定調停という方法も任意整理による手続きとほぼ同じく自己破産手続きとは違って特定の負債だけを処理することになるので、他の保証人が関与している借入金を除き手続きする時やマンションのローン以外について整理をしたい場合なども使用することも良いですし、資産を手放してしまう必要がないので自動車や有価証券個人資産を持っているものの処分したくない状況においても有力な選択肢になる借金整理の手順といえるでしょう。

ただ、これからの返済額と実現可能な収入額を比較検討して妥当な範囲で返済の計画が立つようならこの方法で手続きを進めるほうが良いですが自己破産のように返済義務が消滅してしまうというわけではありませんので、借入金の総額が多い状況の場合現実にはこの方法での選択肢を選ぶのは難しくなると考えるのが無難でしょう。

また、この解決策の場合は公の機関が解決に当たりますので弁護士等にゆだねなくても立場が弱くなることがないという点や、解決のためのコストを圧縮できるという良いところがありますが、お金の貸し手からのきびしい催促に自分で回答する必要があることとか、実際の裁判所に何度か行く手間を要する等の覚えておきたい点もあります。

くわえて、任意整理による手続きと比べてのことですが、この方法で和解に達しないような際は求められている利息をそのままの金額で返済していかなければいけないといったことや最終的には債権者に返していく合計が任意整理による方法の場合よりも割増しになることがあるというデメリットもあります。

Copyright © 2002 www.salembaptistchurchcu.org All Rights Reserved.