民事再生という方法は住宅ローン等がある多重債務の問題に陥っている個人をターゲットに住宅を維持しながら金銭面でやり直すための法的な借金整理の選択肢としてはじまった選択肢です。民事再生制度には、自己破産制度とは違って免責不許可となる要件はないので散財などで債務ができたような場合も手続きは取れますし、破産宣告をすれば業務停止になってしまう免許で仕事をされている場合などでも制度の活用が可能です。破産申告では、住宅を残しておくわけにはいきませんし任意整理や特定調停などでも、借金した元金は返していく必要がありますので、住宅ローン等も払いながら支払うことは多くの人にとっては困難だと考えられます。でも、民事再生による処理を選ぶことができれば住宅のローンを除く借入は多くのお金を減額することが可能ですので余裕をもって住宅ローン等を続けながらそのほかの負債を返済し続けるようにできるといえます。いっぽうで、民事再生という方法は任意整理や特定調停といった方法とは違って一部の負債を除き手続きを行うことはできませんし、破産申請のように元金そのものが消えてしまうのでもありません。また、他の債務整理と比較しても手続きの手順がめんどうで時間もかかりますので住宅ローン等を持っていて住居を維持したい時など以外で、破産申告等のそれ以外の方法がとれない時の最後の手段とみなした方がいいと思います。

Copyright © 2002 www.salembaptistchurchcu.org All Rights Reserved.