民事再生という選択肢はマンション等のローンがある多重債務の問題に悩む方々を対象として住居を手放さずに経済的に立ち直るための法的機関による債務の整理の道として平成12年11月にはじまったルールです。この法律には、自己破産のように免責不許可事由がなく、競馬などで債務が増えたような場合においても問題ありませんし破産申告をすれば業務が行えなくなる可能性のある資格で仕事をしている人でも制度の活用が検討できます。破産の場合は、マンションを残すことはできませんし、その他の債務処理では借金した元金は完済していく必要がありますので、住宅ローンも返しながら支払い続けるのは実際問題として困難だと考えられます。でも、民事再生という処理を取れればマンション等のローンのほかの借入は十分な減額することが可能なため余裕を持ちつつマンション等のローンを支払いながらそれ以外の借入金を返していくようにできるといえます。ただ、民事再生による整理は任意整理による処理特定調停とは異なりある部分だけの借り入れだけを省いて手続きを行うことは許されていませんし、破産手続きの場合のように負債自体が消滅するわけではありません。それから、そのほかの整理方法に比べある程度こみいっていて時間もかかりますので、住宅のためのローンを持っていて住居を手放せないような状況等を除いて、自己破産等といったその他の債務整理ができない際における最後に考える処理と判断しておくのがいいでしょう。

Copyright © 2002 www.salembaptistchurchcu.org All Rights Reserved.