そもそも、自己破産を申告するまでの期間は借金のある個人に直接の電話による返済要求と、負債のある個人の自宅への直接訪問によった徴収は違法行為というわけではないということになっています。また、破産申請の手続きに進んでから無駄な手数がかかってしまった場合には債権保持者は取り立てをしてくる危険が上昇します。債権保持者側としては清算もしないままそれでいて自己破産のような法律の対処もしないという状態であるとグループ内部で完了処理をすることが不可能になるからです。他にも債権人の中にはエキスパートに結びついていないと気づいたならけっこう厳しい集金行為をやってくる企業もあります。司法書士または弁護士事務所に助けを求めたケースでは、各債権者は本人に対し直接集金を続行することが認められません。依頼を伝えられた司法書士の方または弁護士法人は業務を担当するという中身の手紙を各債権者に送付し、各取り立て会社がその通知を手にとったのなら負債者は債権者からの強行な返済要求から自由になるという流れになります。ちなみに、取り立て企業が父母宅へ訪れる集金は貸金業法規制法のガイドルールで認められていません。貸金業であって登録が確認できる業者であれば勤め先や故郷へ行く取り立てが法に違反するのを認知しているので、違反だと伝えてしまえば、そういった取り立てを続行することはないでしょう。破産に関する申請の後は、申立人に対する返済要求を入れあらゆる返済請求行為は禁じられますから、債権者からの返済請求行為はさっぱりと消えてなくなるわけです。しかし、ときどき分かっているのに訪問してくる業者もいないとは言い切れません。金貸しとして登録してある業者であれば、自己破産の申し立ての後の集金が貸金業法の規程に反するのを把握しているので、違反だと伝達してしまえば、そういう類の返済請求を続けることはないと言っていいでしょう。ただ、闇金と言われている未登録の会社においては範囲外で徴集行為のせいで被害者が増加し続けている状況です。法外金融が取り立て屋の中に存在するケースでは弁護士の会または司法書士法人などのエキスパートに相談するようにするのがいいと考えます。

Copyright © 2002 www.salembaptistchurchcu.org All Rights Reserved.