破産承認がなされた際どういう種類の損害(デメリット)が存在するかは、自己破産を考えた方にとって間違えなく1番得ておきたい内容だと考えます。続けて破産認定者の被る損失についての項目をまとめ書きにしておきましょう。・役場の破産者リストに記録されます。※国の本人証明書を交付するための情報なので一般の人は入手することができませんし、免責の許諾がもらえれば取り消されます。・官報で記録される。※市販されている新聞とは別物で普通の本屋では販売されていませんし、ほとんどの方々には関連のないものだろうとと言えるでしょう。・公法のライセンス制限。※自己破産者になると法曹、会計士、行政書士、税理士などといった資格保有者は資格剥奪になるので労働が許されなくなります。・私法上におけるライセンス制限。※破産宣告者は後見人、連帯保証人、遺言執行役を請け負うことが不可能になります。そして合名の会社、合資の会社のワーカーならびに株式の企業、有限会社の取締役、監査担当者については退任原因になってしまいます。・カードローンやカードを活用することが認められません。なお、破産管財人が関わる事件については次のような限定が加えられます。・破産者の所有物を好き勝手に所有、処分することが許されなくなります。・債権保有者委員会の要求を受けて適当な説明をする義務があります。・司法の認可なしに住所の変転や長い期間の外出をすることは認められません。・裁判所が必要と許すときには本人が捕らえられるケースがあります。・配達品は破産管財担当者に送られ破産管財をする人は転送された送付品を開封できます。上記以外の破産した人の困難に関連した、誤解を受けている事項を箇条にしておきます。1戸籍と住民台帳には載せられません。2雇用主は自己破産してしまったことを要因にリストラすることは許されません。※原則、破産者から伝えないかぎり会社にばれる可能性はゼロに等しいです。3選挙権限や選挙に出る権利などの権利は停止されません。4保証者になっていないなら、近親者には代返義務などはないです。5最小限毎日の生活に欠くことのできない調度品(パソコンTVなどを入れて)着るものなどは差し押さえされません。破産者の不便性に関してリストアップしてみました。破産申請をすることで返済はゼロになるでしょうが、今まで挙げた困難もあります。破産を実行する上でアドバンテージも損失きちんと考えた方がよいと考えます。

Copyright © 2002 www.salembaptistchurchcu.org All Rights Reserved.