月刊誌の宣伝チラシ、街中に張り付けられた宣伝広告やダイレクトメールで「多重借金の片付けやります」「借金を集約したくないですか」などのアピールを閲覧することがありませんか。それらは、「整頓業者」「買取業者」「つなぎ業者」と呼ばれる悪徳企業の宣伝のときがあるということなのです。そのようなものを申し込んだときには自己破産申請手順の中で一番重要な免責承認を受けられないリスクが存在します。「整頓人」の場合、ビラなどで多重負債者をおびきよせ、すさまじい代金を受けて負債整理をするのですが、結局は借金整頓は実行されずに、より一層の負債地獄に陥ってしまう場合がほぼすべてと思われます。「買取専門人」の場合借金で電化用品、何らかのチケットを多量に買い入れさせて、債務者から商品を値段の20%もしくは40%で買い直すという手法のようです。負債者は瞬間的にはお金が手に入れられますがいつかカード業者による品物の全額の支払いがきて、実際のところ負債を悪化させる結果になります。このケースだとクレジットカード業者に対しての詐欺ということになり免責をもらえません。「つなぎ業者」というのは大口の貸金業者から拒絶されるようになった負債者に対して業者としては融通は一切せずに、融資を可能な別の貸し手を呼び出し、すさまじいサービス料を出させる業者です。つなぎ屋は手の込んだ手引きで資金提供可能となったかのように報告しますが何もしないまま、単に審査のゆるめの企業を伝えているというだけなのです。このケースも本当は負債を増加させる結末となります。

Copyright © 2002 www.salembaptistchurchcu.org All Rights Reserved.